top of page

​​明石 千穂 CHIHO AKASHI

​メゾ・ソプラノ歌手 Mezzo Soprano Singer

北海道札幌市出身。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業、東京音楽大学・大学院声楽専攻オペラ研究領域修了。

大学院オペラ公演では『コジ・ファン・トゥッテ』ドラベッラ役、『フィガロの結婚』ケルビーノ役、修了演奏では『ばらの騎士』オクタヴィアン役を演じ切り、好評を博す。

オペラでは『蝶々夫人』スズキ役、『フィガロの結婚』マルチェリーナ役、『魔笛』第三の侍女役、『セビリアの理髪師』ベルタ役、『あまんじゃくとうりこひめ』あまんじゃく役、薮田翔一氏作曲のオペラ『大奥』(日本初演)では月姫役など、他数多くの公演に出演している。

2014年小澤征爾音楽塾『フィガロの結婚』ではケルビーノ役のカヴァーキャストに抜擢され、びわ湖ホール公演に出演。小澤征爾指揮のもと、物語の変革を導く難役を勤め上げ、同氏から高い評価を得た。

他にも、ベートーヴェン《交響曲第九番》、ヴィヴァディ《グローリア》などでソリストを務める。


東京音楽大学在学中に、給費奨学生に選出されモーツァルテウム国際サマーアカデミーに参加し、マリヤナ・リポヴシェク氏のマスタークラスにてディプローマを取得。

東京二期会研修所・第59期マスタークラス修了。

第一回スペイン音楽国際コンクール・声楽部門において最優秀賞(第一位)受賞。

これまでに声楽を松田由理子、青木美稚子、釜洞祐子、菅有実子、佐野成宏の各氏に師事している。

明石千穂5
明石千穂1
明石千穂2
明石千穂4.jpg
明石千穂3.jpg
bottom of page